クレジットカードの選び方|特典や利便性で自分に合ったクレカの選び方

クレジットカードには様々な特典があるので、自分に合ったクレジットカードを選ぶと生活が便利になります。 クレジットカードには特典以外にも税金の支払いにも利用できたりします。 税金をクレカで支払ってクレジットカードのポイントが入ればうれしい話ですし、実質的な支払い日を少し先延ばしにできることもクレジットカードの利点です。
MENU

料金をクレジットカード払いする時のメリットとデメリット

クレジットカード,選び方,特典

近年では、何か商品を購入したときに、クレジットカードで支払いを済ませることは珍しいことではなくなっています。

 

クレジットカードは社会人であれば当たり前のように持っていますし、
複数のクレジットカードを使い分ける人も多いようです。

 

インターネットでは、クレジットカードを使った支払いしか受け付けないネットショップもあり、
カード自体は持っていて当たり前ともいえます。

 

今や、クレジットカードは私達の生活にどうしても必要になるものですが、
クレジットカードを扱う上では気をつけたいことがあります。

 

クレジットカードを利用する上での注意点

通販で商品を購入する場合、銀行口座から振り込むと手数料がかかりますが、
クレジットカードで支払えば、手数料が不要になることがあります。

 

現金の持ち合わせがない時でも、クレジットカードで支払うことで、店頭での商品購入を問題なく行えます。

 

クレジットカードが一枚あれば現金を持っていなくてもいいので、財布に大金を入れておかずとも買い物ができます。
翌月一括払いや2カ月払いにすれば、クレジットカードは利息がつきません。

 

支払金額は、現金で払った時と変わらないことになります。

 

クレジットカードで支払いをすると、まずカード会社が支払いを行い、翌月以降に利用者に請求が来ます。
その場では、お金がなくても構いません。

 

クレジットカードの個人情報を盗まれて知らないうちに自分のカードが使われている危険性があります。

 

返済が行き詰まった時には、信用情報記録に残ってしまうというリスクもあります。

 

ローンや新規のキャッシングを利用する時には、必ず審査があります。
その時に、クレジットカードの支払いを滞らせたことがあるという履歴はマイナスに作用します。

 

たとえそれが、不注意で銀行残高が少なかった場合でもです。
日々の買い物にクレジットカードがあるととても重宝しますが、返済を忘れて、支払いを滞らせないようにしましょう。


クレジットカード支払い時の特典について

ショッピングを簡単にしてくれるだけでなく、クレジットカードを活用することでより効率的な買い物が可能になります。

 

場合によっては、クレジットカードで決済をしたほうが、直接お金で支払いをするより安いこともあります。

 

カードを使う前に、そのクレジットカードにはどのようなサービスが付帯しているのかを確認しておきましょう。

 

サービスの詳細を知っておくことで、クレジットカードを使う時にはどんな使い方をすることで、
よい効果を得ることができるかがわかります。

 

どうしてクレジットカードを使うとお得なサービスが利用できるかといえば、
お店のほうがクレジットカードを使って欲しいと思っているためです。

 

カード会社と提携している店は、様々な手数料を支払っています。
それでもやはり、クレジットカードを使う機会を増やす方が店には利益になります。

 

クレジットカード支払いするお店側のメリット

店舗側からすれば、カード決済を行った時点でカード会社が支払いを代行してくれることはとても魅力的です。

 

高額の買い物を分割払いでしている場合でも、
店舗の視点で見れば、既にカード会社が支払いをしてくれていることになります。

 

クレジットカードをつくった会員しか入れないような日をもうけるなど、
スーパーやデパートもクレジットカードを使う客を優遇する風潮があります。

 

現金払いや、口座引き落としなど、支払いの方法はいくつかありますが、
クレジットカード払いにすることで、割引サービスが受けられることもあります。

 

後で景品や金券に交換できるポイントをためるには、
クレジットカードを積極的に使い、カード利用額に応じたポイントをもらいましょう。

 

計画的にクレジットカードを使ってポイントを溜め込んだり、
そのポイントで高価な商品と交換してもらったりと、やり方はいろいろとあります。

クレジットカード払いで税金がお得になる

近年では、クレジットカードで税金の支払いもできるようです。

 

クレジットカードが利用できる店舗は、国内ではほとんど全てといってもいいくらいです。

 

税金を支払ってクレジットカードのポイントが入ればうれしい話ですし、
実質的な支払い日を少し先延ばしにできることも、クレジットカードの利点です。

 

税金をクレジットカードで支払えるところは、年々多くなっています。
全部ではないですが、様々な納税がカードで可能です。

 

クレジットカード払いで税金が行えるメリット

クレジットカードで自動車税の払い込みができるという自治体は、近頃では増えてきているといいます。

 

クレジットカードに対応しているかは自治体ごとに違いますか、
コンビニの専用の用紙を使って、支払いの手続きができるようになることもあります。

 

どういう納付方法が都合がいいかを考えて、税金の入れ方を決めましょう。

 

ですが、クレジットカードで税金の支払いはできるけれども、ポイント還元は行われないというタイプのカードも多いようです。

 

買い物などにはクレジットカードを使っていないけれども、クレジットカードの便利な機能を活かして、
買い物を楽にしているケースもあります。

 

電子マネーをクレジットカードでチャージして、その電子マネーを買い物に使うという二段構えのやり方になります。

 

電子マネーを使って税金の支払いをすれば、少し遠回りでも実質クレジットカードの支払いになります。

 

電子マネーのお金を補充する時にクレジットカードを使うことで、チャージのポイントをもらうことは可能になります。

 

ポイント特典がついているクレジットカードを使うことで、電子マネーのチャージ等を利用してポイントをいれていくといいでしょう。

 

[クレジットカードの選び方]関連情報

このページの先頭へ